カルシウム不足に大正カルシウム&コラーゲンMBP

肌の美しさを保つコラーゲンの効果

 

コラーゲンは肌にいいといわれていて、コラーゲンの入った鍋やサプリメントもあり、女性に人気です。

 

コラーゲンは肌に良いだけではなく人間の体にとって必要な成分です。

 

人間の体を構成するたんぱく質の3分の1をコラーゲンが占めています。

 

特に肌の表皮の下にある真皮の70%近くを占めているので、肌にとって重要な成分といえます。

 

コラーゲンは年齢を重ねていくうちに減少していきます。

 

コラーゲンが減少すると肌の弾力が失われたり、肌のターンオーバーが乱れ、シミができやすくなってしまいます。

 

また、関節や骨などの悩みも増えてきます。

 

 

 

 

 

コラーゲンを補う方法とは?

 

年齢を重ねると減少していくコラーゲンを補うにはどうしたらいいのでしょうか。

 

様々な摂取方法が提案されているのでご紹介したいと思います。

 

 

 

1.食事

 

コラーゲンは食事でとってもあまり意味がないという話をよく聞きますが、今のところ肌に還元されるという説が濃厚のようです。

 

女性に人気のコラーゲン鍋や手羽先、牛筋、モツ、レバー、ふかひれなどがコラーゲンを多く含んでいます。

 

見た目での目安は冷めたときにプルプルしたゼラチン質のものができるので分かりやすいと思います。

 

特に鶏肉はコラーゲンを多く含み、しかも低カロリーなので、ダイエットしている方にはおすすめの食材です。

 

 

 

2.サプリメント

 

コラーゲンは水に溶けにくく、消化吸収に時間がかかるので、健康食品に配合する場合には消化吸収しやすいように加工されていることが一般的です。

 

水を加えて加熱して抽出、精製し吸収を浴したものがゼラチンで、これをさらに分子量を小さくして吸収を良くしたものがコラーゲンペプチドというものです。

 

サプリメントなどの健康食品に使用されているのは、このコラーゲンペプチドです。

 

食事で補うのもいいですが、コラーゲンを多く含む食材は値段の高いものや食べ続けるには体に良さそうなものでもなさそうです。

 

なので、普段の食事にサプリメントで毎日適量を補うのがいいのではないでしょうか。

 

 

 

3.注射

 

美容外科クリニックではコラーゲン注射というものがあります。

 

専門的にどうなのかはよく分かりませんが、個人的にはそこまでやらなくてもと、少し違和感を感じます。

 

これはコラーゲンを摂取するということではなく、どうやら整形手術に近いですね。

 

 

 

 

コラーゲンの過剰摂取に注意

 

何でもそうですが摂り過ぎはよくありませんね。

 

コラーゲンは取り過ぎると肥満の原因になります。

 

また、肌に良いからと言って食べ過ぎるとニキビの原因にもなってしまいますので気を付けましょう。

 

コラーゲンの1日の摂取目安量は5〜10グラムとなっています。

 

 

 

 

 

おすすめ!コラーゲンの摂取方法

 

ビタミンCも一緒に摂取

 

コラーゲンを構成するアミノ酸の生成にはビタミンCが欠かせないので、コラーゲンを摂取する際には不足しないように一緒に摂取するといいでしょう。

 

 

継続して摂取する

 

コラーゲンは毎日適量を継続して摂取することが大切です。

 

出来れば食材から摂取したいところですが、値段や手軽さ、カロリーなんかも気になるところです。

 

なので、信用できるサプリメントを補助的に使用するのがいいと思います。

 

 

大正製薬のカルシウム&コラーゲン